2006年11月21日

出産 内祝いについて

出産は、とてもおめでたいことですよね。

出産をして内祝いの情報を調べに来てくれた方もいらっしゃるかもしれませんね。
ご出産おめでとうございます。

そうでない方も、よかったら出産の内祝いに関しての情報を見ていってください。

さて、出産してからはたくさんの方からお祝いを頂く機会があるのではないでしょうか?
両親、親戚、会社の同僚、上司、部下、そしてご近所さんでもお祝いを贈ってくださる方もいるかもしれませんね。

お祝いを頂いたら、内祝いとしてお返しをするのが一般的です。

しかし、何を送っていいのか頭を悩ませる方も多いと思います。
それに、出産後はいろいろ忙しかったり、お母さんの中には体調がしっかりと回復していない方だっているかもしれません。

そんな大変なときに、出産の内祝いに悩んで苦労しないようにいろいろとお役に立てる情報をご紹介します。
posted by 出産@内祝い at 22:26 | TrackBack(0) | 出産 内祝いの情報

2006年11月20日

出産 内祝いの一般知識

いろいろと、出産 内祝いについて知りたいことが多いと思われます。
ここでは出産 内祝いの、贈る時期、品物の金額、品物の定番などの情報を紹介します。
出産 内祝いを贈る時期
出産祝いを贈る時期は、一般的に生後1ヶ月ぐらいまでです。
ですから、出産 内祝いを贈るのは、生後1ヶ月前後がいいでしょう。生後1ヶ月を過ぎてから頂いた場合も、その日から1ヶ月以内には贈りましょう。
出産 内祝いの品物の金額の目安
出産祝いとして頂いた額の3分の1から半分ぐらいが、内祝いの品物の目安です。
出産 内祝いの品物の定番
出産 内祝いとして、砂糖などを送るところもあると思いますが、最近では寝具やタオルのセット、お菓子などの実用品が多いようです。
また、品物を送るのではなくてカタログを送って商品を選んでもらう、カタログギフトも出産 内祝いとして人気があるそうです。
また、出産 内祝いは、水引は紅白の蝶結びののしを使って、「表書き」には、上段に「内祝」「出産内祝」、下段に赤ちゃんの名前を書くのが普通です。
赤ちゃんの名前を書くのは、出産 内祝いが子供の名前の疲労も兼ねているからです。

次は、出産 内祝いについてさらに詳しく見ていきます。
posted by 出産@内祝い at 05:58 | TrackBack(0) | 出産 内祝いの情報

2006年11月19日

出産 内祝いの金額について

出産 内祝いを送る品物の金額の目安について、もうすこし詳しく見ていきましょう。

まず、出産祝いは様々な人から頂きますよね?
両親の他にも、親戚の方やご近所の方から頂くこともあります。それに会社の関係者では、同僚以外にも、上司や部下から贈られることもあります。

まとめて、同じものを贈るというのもいいかもしれませんが、出産 内祝いでは、相手の年齢や立場についても考慮すると社会人としてのマナーをアピールできますよ。

出産 内祝いでは、頂いた金額の3分の1から半額をお返しするのが原則です。
しかし、ご近所の方に頂いた場合や、普段から付き合いの少ない方や、仕事の関係などからとりあえず頂いたと考えられる場合は、最低限半額というふうにしたほうが無難でしょう。
また、部下などからもらった場合も多めに返すのが無難です。

とくに、引越しして日が浅いような場合は、その地方での慣習のようなものがあるかどうかも考えないといけませんから大変です。

付き合いが深いか、そうでないか、また近所の方かどうかなどを考慮するといいと思いますよ。
posted by 出産@内祝い at 21:58 | TrackBack(0) | 出産 内祝いの注意点

2006年11月18日

出産 内祝いの品物

金額の目安に関する注意をふまえて、その品物について考えてみましょう。


出産 内祝いとして手っ取り早くて、贈られたほうも喜んでもらえる場合が多いのが、商品券です。
しかし、金額が額面としてハッキリしてしまうので、その辺も考え物ですから、実はあまりお勧めではありません。

会社の上司へのお返しには向かないと思います。
また、近所の方へのお返しでも金額がハッキリ分かるという点でも避けたほうが無難ですね。

贈る場合には、商品券だけでなくお礼のカードとお菓子などをつけるのが良いと思います。
商品券を、出産 内祝いとして使う場合は、頂いた金額をそのまま返す場合に現金だと失礼かな…という場合ぐらいだとおもわれます。


次に、出産 内祝いとしてカタログギフトを贈るのはどうでしょうか?

これも比較的喜ばれるものです。ですが、選ぶカタログの種類などで出産 内祝いを贈る側に疑問を持たれてしまうこともありますから注意が必要です。

最近カタログギフトは一般的になってきていますが、それにつれてあまり良い品ではないところもあるようです。
たくさん種類があるようでも、品質がそれほどよくないものもあるようです。

それに、カタログギフトの欠点として注文を出し忘れたりすることもあります。優良な会社のカタログギフトなら、商品の注文がないと確認を取ったりというのは当たり前ですが、そうでないところがあったりします。

こういうシステムの面でも注意が必要なのは、意外と気づかない方が多いのではないでしょうか?

カタログギフトとはいっても、ご自分で品物を確認できるものがお勧めです。


また、品物を送る場合は実用品が無難ですよ。

地方ごとによる慣習などについては、金額のところで触れたのと同じです。詳しくは、ご両親などと相談するのもいいと思います。
posted by 出産@内祝い at 10:47 | TrackBack(0) | 出産 内祝いの注意点